『あの星空、あの海。~人魚王の伝説~』第17話~第32話(最終回)まで


あの星空、あの海。~人魚王の伝説~
(原題:那片星空、那片海 )
2017年 中国 【全32話】
視聴:アジアドラマチックTV

原作:桐華(トン・ホア)

キャスト:
呉居藍(ウー・ジューラン)/レグルス ・・・ 馮紹峰(ウィリアム・フォン)『蘭陵王』『神なるオオカミ』『宮パレス』『美人心計』『西遊記 孫悟空vs白骨夫人』『ライズ・オブ・シードラゴン 謎の鉄の爪』『またいつか』『TAICHI/太極 ヒーロー』『TAICHI/太極 ゼロ』『妖魔伝 レザレクション
沈螺(シェン・ルオ) ・・・ 郭碧婷(クオ・ビーティン)
江易盛(ジャン・イーション) ・・・ 黄明(ホァン・ミン)『金蘭良縁』『お昼12時のシンデレラ
安佐(アン・ズオ)/黒魔道士 ・・・ 王陽明(サニー・ワン)『イタズラな恋愛白書』『私たち恋しませんか?』『わたしのスイート・スター』
巫靓靓(ウー・リャンリャン) ・・・ 王萌黎
周不聞(チョウ・ブーウェン) ・・・ 隋咏良
周不言(チョウ・ブーイェン) ・・・ 郭曉婷(グオ・シャオティン)






2月からアジドラさんで再放送されますね~
DVD発売もあり、多くの人の目に触れる機会が増えるのかな、と思います。


以下、簡単なあらすじ&感想~




沈螺の前に故意のライバル・ミッシェル出現!
病気を抱えていることに加え、その昔、呉居藍と恋仲だった女性に瓜二つ!?
呉居藍を翻弄する女性でしたが、すべてはヴァイオレッドの仕業。
ミッシェルのおかげで、沈螺と呉居藍はお互いの絆を深め合う結果に・・・


一方的に片思いが過ぎた周不聞
ラストに近づくほどに呉居藍への嫉妬と沈螺への固執した愛が恐かった!
安佐が一番の脅威かと思っていましたが、周不聞の方が上手。
更に呉居藍に忠実だったヴァイオレットの変容?!
彼女の場合は呉居藍を思えばこそなんですが、命の危機が迫る呉居藍に
最後まで誰がどんな行動を取るのか分からずドキドキでした。



それにしても沈螺の恋愛感が幼稚すぎてやってられないな~
10代の設定ならともかく、25歳のひとりの女性としては精神年齢が低すぎてちょっとガッカリ。
呉居藍が人魚だと知っても変わらず愛し続けるところは凄いけれど、
桐華作品の「甘く、切なく、狂おしく」には至らずでしたね~

安佐(アン・ズオ)役の王陽明。もっと上手な使い方は無かったのかな。。


そもそも人魚と人間の恋愛なんて、実写版としては設定に無理があったのではなかしら?
呉居藍役もかなりのイケメンでないと観れない気がします。^^;



ドラマとしてはちょっと辛口な感想ですが、馮紹峰は美しく見とれちゃうほどでした。
特に特殊メイクや水中の撮影には苦労が絶えなかったのでは?と感じます。



評価:






関連記事