『あの星空、あの海。~人魚王の伝説~』第1話~第16話まで


あの星空、あの海。~人魚王の伝説~
(原題:那片星空、那片海 )
2017年 中国 【全32話】
視聴:アジアドラマチックTV

原作:桐華(トン・ホア)

キャスト:
呉居藍(ウー・ジューラン)/レグルス ・・・ 馮紹峰(ウィリアム・フォン)『蘭陵王』『神なるオオカミ』『宮パレス』『美人心計』『西遊記 孫悟空vs白骨夫人』『ライズ・オブ・シードラゴン 謎の鉄の爪』『またいつか』『TAICHI/太極 ヒーロー』『TAICHI/太極 ゼロ』『妖魔伝 レザレクション
沈螺(シェン・ルオ) ・・・ 郭碧婷(クオ・ビーティン)
江易盛(ジャン・イーション) ・・・ 黄明(ホァン・ミン)『金蘭良縁』『お昼12時のシンデレラ
安佐(アン・ズオ)/黒魔道士 ・・・ 王陽明(サニー・ワン)『イタズラな恋愛白書』『私たち恋しませんか?』『わたしのスイート・スター』
巫靓靓(ウー・リャンリャン) ・・・ 王萌黎
周不聞(チョウ・ブーウェン) ・・・ 隋咏良
周不言(チョウ・ブーイェン) ・・・ 郭曉婷(グオ・シャオティン)






今週の放送でちょうど半分。呉居藍の人魚化が見えてきましたね。
馮紹峰(ウィリアム・フォン)の作品は『蘭陵王』以後、ドラマが無くてーーーーっ!><
映画で追っかけてるって感じです。CGてんこ盛りな作品が多いのよね。^^;

今作は桐華原作ということで関心が高かったのと、日本での放送がめっちゃ早くてビックリ!
ファンダジーな世界にイマイチ入り込めないことはあるけれど、
馮紹峰(ウィリアム・フォン)の美しさに改めて見とれる作品であります♪



以下、簡単なあらすじ&感想~




海島に戻ってきた沈螺(シャン・ルオ)は、道端で苦しむ男性に出会います。
持っていた水をあげると、飲むわ飲むわ。そのまま自宅まで付いてきて、居候することに。
彼はレグルス人魚王呉居藍(ウー・ジューラン)
150年前 杜小林(トウ・シャオリン)に霊珠を奪われてしまい、余命あと3ヶ月。
霊珠を取り戻すべく、杜小林の足跡を辿って島にやってきたんですが、
彼の子孫がなんと沈螺なんですねー。


初対面の男といきなり同居ってどーなのよ?って感じなんですが、
沈螺にとってはていのイイ家政夫代わり。家事一切を任せ、自分はの~んびり。
家計が火の車になると、呉居藍の才覚で幻の魚をさばき、臨時収入ゲット!
今は呉居藍とともに(主に彼っぽいけど^^;)貝殻のアクセサリーや雑貨を作って販売する生活。



最初は呉居藍を警戒したり、祖父の手前結婚相手を装ってもらったりと、
恋愛感情まるで無しだった沈螺
霊珠が沈螺の体内にあると知った呉居藍が沈螺に迫ったときも、関心が薄かったのに
今は幼馴染の精神科医・江易盛(ジャン・イーション) のもとに通って治療中。(ようは恋愛相談ね。^^;)



霊珠について何も知らず、自由奔放に見えて、情に厚い沈螺を知った呉居藍は、
好意を抱き始めます。
良いきっかけは沈螺の体内にある霊珠を取り戻すため、彼女と口づけしようと目論んだ時。
真剣な眼差しで迫るシーンはドキドキ。時折ヤケに色っぽかったりして目の毒ですね。
沈螺から霊珠を奪うと彼女が死んでしまうという事実を知り、身を引くことに・・・。

それにしても恋の指南役に看護師泣かせのプレイボーイ江易盛を選んだ時は
呉居藍がワケのわからない方向にダサくなっていく姿に泣けました。><










幼少の生い立ちから恋愛に無関心だった沈螺が恋したら、本能のまま妄想が先走る!(笑)
夢と現実の境界線無しの呉居藍へのアプローチは、天然ボケなのか真剣なのか・・・
やたらと呉居藍のカラダで妄想するのが見ていて恥ずかしい。




呉居藍の方も自分は人魚族で残りの命が僅かなことを知ってるので、
沈螺を諦めさせるため、本来の人魚としての姿を見せるんですが・・・

人魚として目の前に現れた呉居藍に驚き、恐がりながらもじーーーーっと見つめた沈螺の第一声が
「いいカラダね」
どんな状況でもブレない沈螺。流石です!


私も人魚な呉居藍マジマジと見せていただきましたが、このドラマのファンタジーな世界観に
正直なところ テン・テン・テン。^^;
けれど、視線を外すことができず惹かれてしまうのは、愛くるしい沈螺のキャラクターと
馮紹峰(ウィリアム・フォン)の美しさにある。









沈螺の体内に潜む霊珠を狙ってる黒魔道士・安佐(アン・ズオ)
人魚族を守ることが使命の巫女・巫靓靓(ウー・リャンリャン)とは元恋人同士。
立場上、恋愛関係は終わっていますが、島で再会してから微妙な感じ。

靓靓に一目ぼれした江易盛。モテ男だったのにずっと振られ続け惨敗でしたが、とうとうOKを貰いましたね。
でも長続きするのかしら?


沈螺に恋している周不聞(チョウ・ブーウェン)骨董屋の社長で、仕事がらみから安佐と知り合います。
今は安佐が黒魔道士だと知り、彼の手足となっている。
呉居藍が人間でないことにも気づき沈螺に忠告しますが、聞く耳を持たない。
振られ続ける不聞。反撃はあるのでしょうか?




今後は、呉居藍のタイムリミットが近づいているので、沈螺との関係と霊珠の行く末が気になります。
そして魚と人間の壁を越えていけるのか?!

1000年生きている呉居藍の元カノはタコなのか、鯛なのか?!(爆)
早く呉居藍の答えが聞きたいっ!


関連記事