【映画】TAICHI 太極 ヒーロー (太極2 英雄崛起)


TAICHI 太極 ヒーロー (原題:太極2 英雄崛起)
2012年 中国

製作総指揮・原作 : チェン・クォフー 「王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件」
製作・監督 : スティーブン・フォン 「ジェネックス・コップ」「拳神」
アクション監督 : サモ・ハン・キンポー 「燃えよドラゴン」「イップ・マン」
脚本 : チャン・チアルー/チャン・シャオツァ
音楽 : 石田勝範 「西部警察」「大奥」

キャスト:
楊露禅(ヤン・ルーチャン)・・・ユエン・シャオチャオ
陳玉娘(チャン・ユーニャン)・・・アンジェラ・ベイビー
陳長興(チェン・チャンシン)・・・レオン・カーフェイ
方子敬(ファン・ズージン)・・・エディ・ポン
陳栽秧(チャン・ザイヤン)・・・ウィリアム・フォン
フレミング公爵・・・ピーター・ストーメア
ユン・ピョウ



以下、あらすじ&レビュー




■ストーリー
秘拳の聖地、陳家溝を襲撃した鉄怪物“トロイ”を倒し、村の平和を守った楊(ユエン・シャオチャオ)だが、
村では彼が陳家拳(陳式太極拳)の技を盗んだとして、掟に従い処罰しようと喧々諤々…

楊を救おうとする玉娘(アンジェラベイビー)は、楊を自分の婿にすると宣言する。
なんとか危機を逃れ二人は結婚式を挙げるが、そこへ長年失踪していた玉娘の兄、
栽秧 (ウィリアム・フォン)が戻って来る。
栽秧は浮かない顔の父、陳(レオン・カーファイ)に、楊は不吉の象徴で予言通り災いを招くと主張する。
その時予言を伝える村の青銅鐘が鳴り響き、楊は村からの追放を求められる。
同じ頃、楊によって村から叩きだされた方(エディ・ポン)は、虎視眈々と反撃の準備をしていた。
栽秧を村へ向かわせたのも実は方の陰謀であった。方はフレミング公爵(ピーター・ストーメア)から支援を受け、
大砲を使って陳家溝を襲撃。村は絶体絶命の危機に晒される。果たして村と楊の運命は如何に!?





TAICHI HIRO-1



■レビュー
『TAICHI ゼロ』に続く第二弾。『TAICHI ヒーロー』。
『ゼロ』のラストで、次回作の告知をされちゃっているからもう見ないわけにはいかないっ!(笑)

よそ者ということで村人からつまはじきにされていた楊露禅を救うべく、
彼と結婚することとなった玉娘。ビジュアル的にはジャガイモとお姫様。ゴメンナサイ。
『ゼロ』のラストに現れた黒ずくめの男女。
当初、彼が誰なのか全然わからなかったのですが、ウィリアム・フォンなのですね~
『ヒーロー』でも冒頭から登場しますが、細身のせいかうっかりしてると誰だかわからない。^^;

陳家の長男である陳栽秧。村に来た時はいい人を装っていたけど、
実は陳家拳を巡り、彼と父親である陳氏との確執は大きいんですよね。
けれど、陳家溝に危険が迫っていることを知るなり、奇抜な飛行機で立ち向かっていくシーンは必見。^^




TAICHI HIRO-2

トロイをボロボロに破壊され、自らも傷だらけになりながら一命を取り留めたポンさん。
いえ方子敬
怒りと復讐に燃える子敬は、東インド会社のフレミングに協力を要請し、
金にものを言わせたり、権力者にへつらったりと手段を選ばず自分の思いを遂げようとする
復讐鬼のようでもあるんですが、結果的にワルになり切れず、ボロがでちゃう。><
この映画でのポンさんは、みっともないというか、冴えないダサ男。
ダークな役どころなのに、何をやっても報われないので可哀想になっちゃうの。
とは言え、これまでと違った一面を見ることのできた貴重な作品でもあります。



肝心な主人公、楊露禅。玉娘と共に皇帝陛下に直訴に向かいます。
陳家拳の実力を証明するため手合せをするんですが、そこは厨房。
あんなにほこりが舞ったんじゃ、陛下の料理が不味くなりそう。なんて思っちゃうのは私くらいかしら?^^;

太極拳の由来より、ラストに登場したウィリアム・フォンのボサボサ頭が印象的でした。^^;



評価::






関連記事