【映画】ライズ・オブ・シードラゴンー謎の鉄の爪ー


ライズ・オブ・シードラゴンー謎の鉄の爪ー
(原題:狄仁杰之神都龍王 Young Detective Dee: Rise of the Sea Dragon)

2013年 中国・香港合作
公式サイト
監督・脚本・製作:ツイ・ハーク 「ドラゴンゲート 空飛ぶ剣と幻の秘宝」「王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件
音楽:川井憲次 「セブンソード」「イップ・マン/序章」「楊家将」

キャスト:
ディー・レンチェ ・・・ マーク・チャオ 「ブラック&ホワイト」「ハーバー・クライシス〈湾岸危機〉Black & White Episode1」 
ユエン ・・・  キム・ボム 「思いっきりハイキック!」「花より男子~Boys Over Flowers」
ユーチ・ジェンジン(大理寺) ・・・ ウィリアム・フォン 「美人心計~一人の妃と二人の皇帝~」「蘭陵王」「妖魔伝 レザレクション」「TAICHI/太極 ゼロ」
イン・ルイジー ・・・ アンジェラ・ベイビー 「ハーバー・クライシス〈湾岸危機〉Black & White Episode1
シャトー ・・・ ケニー・リン 「宮廷女官 若曦(ジャクギ) 」「恋せよ姐GO!
皇后・則天武后 ・・・ カリーナ・ラウ 「王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件」「インファナル・アフェアⅡ/無間序曲」
ワン・ボー(宮廷侍医) ・・・ チェン・クン 「画皮 あやかしの恋」「妖魔伝 レザレクション」


ウィリアム・フォン出演作ってことで視聴しましたが、主演が『ブラック&ホワイト』マーク・チャオ、
共演には『宮廷女官 若曦(ジャクギ)』のケニー・リンと注目株揃い。なんとも豪華!

この作品、『王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件』のシリーズ第2弾なのね~
中国版シャーロック・ホームズと言われるディーの若き日を追った作品なんだけど、
前作のディー役はアンディ・ラウ、今作はマーク・チャオ。
二人の存在感に差があるな、と感じたのは私だけでしょうか。。。


以下、感想~


王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件』を観ていたのでレビューを確認したら
CGてんこ盛りで内容がイマイチだったことを思い出した。評価も低い。。。

この作品はどうかと言うと、前作とどっこいどっこい。
冒頭からCGてんこ盛りで、壮大なスケール感はあるんだけれど、セットや模型も加わって
全体的には作ってんなって感じがハンパない。
スピード感溢れるアクションや勢いは感じるけれど、肝心のストーリーが入ってこないんだよね。


主演はディー・レンチェで、怪事件を捜査し解決する役割なんだけど、影が薄い。
お目目パッチリなウィリアム・フォンやケニー・リンと並ぶと尚更なのかも。
ビジュアルだけじゃなくストーリー上でも印象に残るような決定打がないんだなー。

アクションならダントツでユーチ・ジェンジンなのよ。
ほとんどのシーンで回ったり飛んだりしてて、地面に足がついてる時間が短いの。
過激なアクションシーンの連続で、演じているウィリアム・フォンの苦労が伺える。
ストーリーそっちのけで、怪我したんじゃないかって本気で心配しちゃったもの。^^;
医師シャトーも主要な部分で関わってくるから印象に残るんだけど、
マークに関しては至ってフツーの人に見えちゃうのよね。m(_ _)mゴメンナサイ。

リン役のアンジェラ・ベイビーの美しさと透明感には脱帽。リンが愛するユエンを演じるのがキム・ボム。
罠にハマったとは言え、妖人化しちゃって見る影も無くなってるからビックリ。
その後シャトーによって救われ、半魚人メイクになってるし。


ユーチらが犯人を崖に追い詰めたシーンは見所の一つ。
命綱に捕まり生きるか死ぬかという手に汗握るシーンが続くんだけど、
余りにも非現実的すぎて逆に冷静になってしまい、全く手に汗はかきませんでした。^^;

そして海に潜む魔物との対決シーン。
龍王だと噂されたけど、蓋を開ければドラゴンぢゃなくて化物エイじゃん!
と、思わず突っ込んでしまった。ここも手の込んだCGや模型を使っているんだろうけど、
冷淡な私がいました。

巨額を投じて制作された作品なのに、前作同様入り込めず。。。
きっとこの監督さんと私の相性が良くないんだわ。
低評価でゴメンナサイ。


評価:







関連記事