【映画】最後の晩餐(原題:分手合約 A Wedding Invitation)


最後の晩餐 (原題: 分手合約 A Wedding Invitation)
2013年 中国・韓国合作  公式サイト
監督:オ・ギファン 『ラスト・プレゼント』

キャスト:
何俏俏(ホー・チャオチャオ) ・・・ 白百何(バイ・バイホー) 『失恋33天 Love is not blind』
李行(リー・シン) ・・・ 彭于晏(エディ・ポン)  『楊家将伝記~兄弟たちの反乱~』『誘惑の罠
周蕊(チョウ・ルイ) ・・・ 吳佩慈(ペース・ウー) 『イントゥ・ザ・ サン』『流星花園Ⅱ』
毛毛(マオマオ) ・・・ 蔣勁夫(ジアン・ジンフー) 『一夜驚喜』『宮廷女官 若曦


以下、感想~


どうも史劇の印象が強い彭于晏(エディ・ポン)。現代劇で見ると、顔濃いなーっていうのが第一印象。
眉毛ボン!ではっきりした顔立ちだからスクリーンに映えるね♪

ストーリーは高校時代から始まる。美味しいものを頬張る俏俏の姿に幸せを感じる李行。
やがてふたりは恋人同士となり、同じ瞬間を過ごしながら愛を育んでいく。
溢れんばかりの愛に包まれた可愛らしいカップル。そのアツアツぶりは見ていられないくらい。
ところが突然別れを告げる俏俏。5年後、李行からの電話は結婚の報告で・・・。

ハッピーモードだった冒頭から一転、二人の間に生じたすれ違い。
でもこれは俏俏の本心が知りたい李行がカマをかけただけ。次第に空白の5年間が明らかになる。
「俏俏じゃなきゃダメなんだ」と涙する李行に泣けちゃう。
病魔に襲われ、やつれていく俏俏役の白百何(バイ・バイホー)も迫真の演技。
離れていても心からお互いを想い合っていた二人。見ていると会えなかった時間がもどかしくて切ない。

終わりが近づくほどに二人の気持ちが切々と描かれていて、これは高評価!と思ったのだけれど
監督がオ・ギファンだってことを知ったら、今作の内容がベタな韓流映画そのまんまで
一気にクールダウン。なんの新鮮味もなくなってしまった。
彭于晏(エディ・ポン)、良かったのになー。
俏俏の親友として登場する毛毛役は『宮廷女官 若曦』に出演していた蔣勁夫(ジアン・ジンフー)。
親身になって俏俏の世話をする姿に好感持てます。ゲイっていうのが新鮮だったな。^^ 



評価:
作品としては好きな内容だったし、俳優さんも良かったので4つにしたいところ。
でも監督が引っ掛かり3.5ってコトで。^^;






関連記事