イ・ジョンソク

衛星劇場で 『検事プリンセス』 の放送が始まりました。
すでに視聴済みですが、衛劇さんの放送前の予告が凄く良くできていて
それを観ているだけでもワクワクします。

現在視聴中の 『ドクター・チャンプ』 と同じ制作会社で
派手な演出とか、豪華なキャステキングではないけれど(これちょっと失礼か...)
共感できる部分があって、じ~~~んときてどちらのドラマも好きなんですよね。

スポンサーサイト



「検事プリンセス」INDEX

K(1024x768).jpg


検事プリンセス [ 검사 프린세스 ] 
原 題:検事プリンセス 
英語題:Prosecutor Princess
SBS 2010.3.31~5.20 (全16話) 水・木 21:55~

 SBS   KNTV
演出:チン・ヒョク
脚本:ソ・ヒョンギョン


◆あらすじ&感想◆
1話   2話   3話   4話   5話   6話   7話   8話  

9話  10話  11話  12話  13話  14話  15話  16話 


「検事プリンセス」16話あらすじ

KENJI-h.jpg


事件の影響でヘリの父、サンテの会社は大きなダメージを受けてしまいました。
どんな事があろうと事件の真相を追求するヘリって凄い!
それもすべてイヌへの信頼があるから出来るって感じました。

個人的にはヘリのママ、エジャのキャラが好きで、今回またいい感じー。
いつだってヘリの強い味方です。

「検事プリンセス」15話あらすじ

KENJI-15.jpg


ヘリがどんどん辛くなってますね。
娘として、また検事として、そしてソ・イヌを愛する女として。
サンテの事件の真相を突き止めようとするイヌにとっても
また辛い選択だった・・・

あともう1話で最終回。一体、どなるんでしょう?

「検事プリンセス」14話あらすじ

KENJI-14.jpg


イヌのヘリに対する愛情表現にビックリで
目が真ん丸くなった第13話でした。
二人は気持ちを確認したと思ったけれど、
事件のこと、父親の事を思うとなかなか素直になれないイヌ。

サンテの告白は衝撃的でした!
来週の2話で終了。いったいどうなるんでしょー。


「検事プリンセス」13話あらすじ

KENJI-13.jpg


キャスト:
キム・ソヨン (マ・ヘリ:中部地検初任検事:ST建設マ会長の娘)
パク・シフ (ソ・イヌ:法務法人「ハヌル」代表弁護士)
ハン・ジョンス (ユン・セジュン:ヘリの主席検事)
チェ・ソンヒョン( チン・ジョンソン:ヘリの先輩検事)
ユゴン (イ・ミンソク:ヘリの同僚検事)
チェ・ソンホ (チェ・ジウン:ヘリの同僚検事)
イ・ウニ (イ・ジョンイム:ヘリの実務官)
イ・スンヒョン (チャ・ミョンス:ヘリの捜査官)
キム・サンホ (ナ・ジュンソク:刑事部部長検事)
チェ・ジョンウ (マ・サンテ:ヘリの父:ST建設会長)
ヤン・ヒギョン (パク・エジャ:ヘリの母)
ミン・ヨンウォン (イ・ユナ:ヘリの友人)
パク・チョンア (ジェニー・アン:イヌの友人:国際弁護士)

「検事プリンセス」12話あらすじ

KENJI-12.jpg


はぁー。なんだか胸キュンな12話ですわ。
ヘリの想いとイヌの想いはすれ違ってばかり。イヌの冷たい態度って堪えるね。


「検事プリンセス」11話あらすじ

KENJI-11.jpg


父マ・サンテの真実に近づいていくヘリ。それはイヌがわざと仕組んだ事。
そんなことは全く知らないヘリは嬉しいことや辛いことがあると
自然とイヌを頼っている自分に気づく。
本当に好きなのはセジュン?それともイヌ?
ヘリが自分の気持ちに気づくほどに イヌとの距離が遠くなっていくようです。


「検事プリンセス」10話あらすじ

KENJI-10.jpg


マ・ヘリのことを知れば知るほど、その正直さや素直さに心を痛めてしまうソ・イヌ。
ヘリに近づいた本当の目的って?!!!


「検事プリンセス」9話あらすじ

KENJI-9.jpg


わからない、ますますわからない。
ソ・イヌってにまで作家先生ってウソついてるの?
で、やっぱりヘリに近づいたのには目的があったんだー。
どんどん面白くなってきているので、早々にレビューです。
この先が気になって仕方がない!

すんごい余談ですが、ヘリの朝食・・・
人参やきゅうりのスティックサラダにミルクをかけるなんて 
いただけません。><